第一次元寇を終わらせたのは神風だったか否か 元軍撤収の理由に今も定説なし

スポンサーリンク

 13世紀後半、鎌倉時代中期に起こったモンゴル帝国による日本侵略、いわゆる「元寇」がいま、世界中のゲーム愛好家や映画ファンから注目されている。ソニー・インタラクティブエンタテインメントが2020年夏に発売した、蒙古襲来をテーマにしたアクションゲーム『ゴースト・オブ・ツシマ(Ghost of Tsushima)』が発売後8か月で累計実売650万本を突破。その人気を受けてハリウッドでの映画化も決まった。そこで、新たに「元寇」に“はまった”人、これから“はまろう”という人向けに、当時「世界最強」と謳(うた)われた蒙古軍と鎌倉武士の戦いを近年の新説も交えて解説する。

 元寇の様子を描いた絵巻物『蒙古襲来絵詞(もうこしゅうらいえことば)』の中でも、最大の見せ場となる至近戦の場面。鎧兜(よろいかぶと)に身を固めて馬に乗り、敵兵めがけて突撃する竹崎季長(たけさき/たけざき・すえなが)。元の兵士たちは布や革で作られた動きやすい服を着て、集団戦法を用いている。

★「親交を結ぶか、さもなくば戦(いくさ)か」

 1274年(文永11年)10月(旧暦)、元(モンゴル帝国)は約3万人の軍勢で九州・博多湾に攻め寄せてきた。

 モンゴル帝国とは、13世紀初頭にテムジンが遊牧民諸部族を統一してモンゴル高原を制圧し、1206年にチンギス・ハン(チンギス・カンとも言う)の称号を得て創立した国である。その後、中央アジアまで勢力を広げると、1259年には高麗(朝鮮)も服属させ、やがて西アジア、ロシア、中国北部、朝鮮半島にまたがる大帝国を築き上げた。

 モンゴル帝国の本拠地を南方に求め、1264年、都をカラコルムから大都(現在の北京)に移したのが第5代皇帝フビライ・ハン(クビライ・カンとも言う)。チンギス・ハンの孫にあたる。フビライは、1271年に国号を元と改めた。

 この頃フビライは、臨安(現在の杭州)を首都とする中国王朝・南宋に侵攻しており、同国と親しい日本を引き離して南宋の経済力を削ぐために、日本に使者を派遣した。

 フビライからの国書には「日本は昔から中国に使いを遣(つか)わしてきた。しかし私の代になってから音沙汰がない。きっと元を知らないのだと考え、使いを派遣した。今後は互いに訪問し、親睦を深めよう」と、修好を求める内容が書かれていた。つまり、フビライには当初、日本を軍事占領しようという意図はなかったと思われる。ただ、国書の最後には「私は兵を用いたくはない。どうかそのことをよく考えてほしい」とも記されていた。これは、要求に応じないのなら武力で服属させるぞ――との脅しに受け取れる。

 幕府は、外交を担う朝廷に国書を送達し、朝廷側は返書を送らないことを決めた。幕府もこれを了承し、九州・大宰府に滞在中の元の使者に伝え、帰国させた。

 しかしフビライは、その後もたびたび使者を派遣してきた。幕府はこれを黙殺し続ける。かたくなに元との外交を拒絶したのはなぜだったのか。

 日本史学者の新井孝重氏(獨協大学名誉教授)は次のように見ている。

 「この時代の為政者はまったく国際情勢にうとく、また諸国間の接触経験については、なきに均しい状態であった。いわば無知と外交の未経験が国書を前にして、かれらを硬直させてしまったのである。なにしろ、これまでの外交の経験がないのであるから、仕方のないことであるが、外交上の技術にも暗かった」(『戦争の日本史7 蒙古襲来』吉川弘文館)

 つまり、日本は「外交音痴」だったというのだ。確かに、元の国土の広大さや日本との国力の差を知っていたら、さすがに幕府も無視できなかっただろう。ただ当時、幕府は南宋の禅僧やその弟子たちをブレーンとしており、彼らは元に攻撃されている祖国を守るため、意図的に元の実体を矮小(わいしょう)化するような情報を伝え、為政者たちの判断を曇らせたという可能性も考えられる。

…続きはソースで。
https://news.yahoo.co.jp/articles/5073a45565d554f9b1bc34e30511a1f02ba1ad2d
2021年11時15分 16時09分

前スレ
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1637217036/
★1が立った日時:2021/11/18(木) 15:30:36.98

以下ネットの反応

ビジネスニュース速報がお送りします 2021/11/19(金) 17:52:33.81
また元寇ネタか

どう考えても西国武士の奮闘に、朝鮮兵が根を上げて敗走したのが本音
それ以外ない

ビジネスニュース速報がお送りします 2021/11/20(土) 08:06:13.65
一緒に攻めてきた韓国、加害者であると認めずそっ閉じ
ビジネスニュース速報がお送りします 2021/11/21(日) 19:55:43.06
ベトナムはフランスやアメリカに勝ったんじゃない負けなかったんだ
元寇の時の日本も同じこと
ビジネスニュース速報がお送りします 2021/11/19(金) 15:04:24.40
当時世界最強の鎌倉武士団相手に慣れない上陸戦を挑んだモンゴルが無謀過ぎた
ビジネスニュース速報がお送りします 2021/11/20(土) 14:31:04.35
朝鮮が選果を盛った
ビジネスニュース速報がお送りします 2021/11/19(金) 14:41:38.41
日本軍が撃退したからだろ
それ以外に何があるんだよ
神風とかオカルト信じてるヤツはヤバすぎる
ビジネスニュース速報がお送りします 2021/11/20(土) 10:20:23.59
普通に夜戦ゲリラで反撃受けたから
ビジネスニュース速報がお送りします 2021/11/19(金) 14:51:59.95
クビライの大失策
上には上がいる事を初めて学習したモンゴル人であった
ビジネスニュース速報がお送りします 2021/11/19(金) 17:11:34.87
武力侵攻なんて無理なんだってば
帆船で一定期間兵員、食料を補給し続ける必要がある
国家が成立して組織的に抵抗される相手には無理
だから相手の陸地が目視できる英仏も百年かかってる
朝鮮半島を出港拠点にしたとしても博多下関まで10日
まず対馬を占領して拠点にしたとしても7日
帆船だから年中航行できるわけでもない
喫水の深い大型船だと夜間は動けない、接岸もできない
航海でヘロヘロの兵員を数千人輸送したところで戦争にはならない。
日本の地形もわからない
クビライの命令だから進軍したけどチョコチョコと戦闘して
適当なところで帰還するつもりだったんだろ
戦力不明、地形知り尽くし陸運補給できる相手とガチンコは無理w

ペリーの黒船の時代でも無理だったんだよ、蒸気船とはいえ外輪船
北米とは一ヶ月、継続的なロジスティックは無理
軍事侵攻で上陸できたところで銃火器の性能差ではどうにもならん
夜襲されたら全滅

長期航海で兵站輸送を伴う対国家軍事作戦が成立するのはスクリューの発明以降
19世紀後半から

黒船はギリギリだった、10年20年グズってたら軍事侵攻でやられてただろね

ビジネスニュース速報がお送りします 2021/11/19(金) 16:53:14.86
朝鮮人が逃げ出しましたからニダ
ビジネスニュース速報がお送りします 2021/11/19(金) 18:07:27.21
当時日本がイスラムや西洋との東西交易の中継地になっていたということはないわけで、
1279年に最大の敵である南宋を滅ぼし、南宋の側についていると疑われた日本を1281年の
弘安の役で屈服させることができなかったまでも、一定の打撃を与えたあとは、
元の主要な関心は東南アジアに向かう。
ビジネスニュース速報がお送りします 2021/11/19(金) 18:23:47.27
大半が南宋の敗残兵と弱小の朝鮮兵なんだから
勝って当然な気がするけどな
アンゴルモアとかいう漫画でワールシュタットの戦いが
引き合いに出されてたけど
バトゥ率いる精鋭部隊と元寇を同列に語るのは酷すぎる
ビジネスニュース速報がお送りします 2021/11/19(金) 14:33:36.32
【元寇】元寇による日本脅威論の形成

元寇では、日本刀は戦場で大きな力を発揮した。南朝遺臣の鄭思肖は日本刀を評して「倭刀はきわめて鋭い」と指摘し日本征服が難しい理由の一つに
日本刀の存在を挙げ、クビライに仕えた王惲もまた元寇を受けて「刀は長くて極めて犀なるものを製り…」と評すなど日本刀の鋭さに言及している。

浙江大学教授・王勇は弘安の役での敗戦とその後の日本武装商船の活動によって中国における対日本観は大きく変化し、凶暴で勇猛な日本人像および日本脅威論が形成されていったと指摘している。

例えば、南宋遺臣の鄭思肖は「倭人は狠、死を懼(おそ)れない。たとえ十人が百人に遇っても、立ち向かって戦う。勝たなければみな死ぬまで戦う。戦死しなければ、帰ってもまた倭王の手によって殺される。
倭の婦人もはなはだ気性が烈しく、犯すべからず。倭刀はきわめて鋭い。

地形は高険にして入りがたく、戦守の計を為すべし」と述べ、また元朝の文人・呉莱は「今の倭奴は昔(白村江の戦い時)の倭奴とは同じではない。
昔は至って弱いと雖も、なお敢えて中国の兵を拒まんとする。いわんや今は険を恃んで、その強さは、まさに昔の十倍に当たる。

さきに慶元より航海して来たり、艨艟数千、戈矛剣戟、畢く具えている。その重貨を出し、公然と貿易する。その欲望を満たされなければ、城郭を燔して居民を略奪する。海道の兵は、猝かに対応できない。

士気を喪い国体を弱めるのは、これより大きなことはない。しかし、その地を取っても国に益することはなく、またその人を掠しても兵を強めることはない」と述べ、日本征服は無益としている。

また、明の時代の鄭舜功が著した日本研究書である『日本一鑑』では、元寇について「兵を喪い、以って恥を為すに足る」と評すなど、後の時代にも元寇の記憶は批判的に受け止められていたことが窺える。

元寇の敗戦を通してのこういった日本軍将兵の勇猛果敢さや渡海侵攻の困難性の記憶は、後の王朝による日本征討論を抑える抑止力ともなった。
元の後に興った明による日本征討論が、初代皇帝・朱元璋(洪武帝)、第3代皇帝・永楽帝、第12代皇帝・嘉靖帝の時の計3回に渡って議論された。

そのうち、朱元璋は軍事恫喝を含んで、明への朝貢と倭寇の鎮圧を日本の懐良親王に要求した。
ところが懐良親王は、もし明軍が日本に侵攻すれば対抗する旨の返書を送って朱元璋の要求を受け付けなかった。

この返書に激怒した朱元璋であったが、クビライの日本侵攻の敗北を鑑みて日本征討を思い止まったという。

ビジネスニュース速報がお送りします 2021/11/19(金) 15:08:17.51
真の情弱はモンゴルの方だったってオチ
ビジネスニュース速報がお送りします 2021/11/19(金) 16:29:06.78
元にいたんでしょ?🇬🇧イギリス人
ビジネスニュース速報がお送りします 2021/11/19(金) 17:59:37.17
日蓮宗のお坊さんが撃退したんじゃなかったん?
ビジネスニュース速報がお送りします 2021/11/21(日) 18:56:16.85
鎌倉武士最強伝説は恩賞欲しさの誇張により生まれた
ビジネスニュース速報がお送りします 2021/11/19(金) 15:30:48.03
季節的に1ヶ月も九州にいたら1回ぐらいは台風に会うよな
ビジネスニュース速報がお送りします 2021/11/20(土) 00:17:11.02
まぁ上陸点は限られてるから大軍も大した意味ないな
結局二つくらいしかまともに攻略に出られる場所ないんだし
ただでさえ水戦で負けてばかりの元軍じゃ話にならない
ビジネスニュース速報がお送りします 2021/11/19(金) 23:37:27.40
当時の日本が外交音痴とか無知も甚だしい
南宋と交易してて情報を得たうえで徹底抗戦を選んだんだよ
ビジネスニュース速報がお送りします 2021/11/19(金) 16:38:01.56
勝った上に大量の捕虜を得て奴隷としてコキ使えたんだから、外交的にも大勝利だろ。
元や高麗なんてザコ相手に下手に出る理由なんかカケラもない。
ビジネスニュース速報がお送りします 2021/11/19(金) 16:32:46.41
まあ世界最強を退けちゃったテヘ
って事でいいよ
ビジネスニュース速報がお送りします 2021/11/19(金) 17:45:55.25
(-_-;)y-~
ミサイル戦の時代やから、
朝鮮半島にミサイル撃ち込んだり、空爆したり、上陸戦用の演習場にして終わりやろな。
ビジネスニュース速報がお送りします 2021/11/19(金) 23:43:15.89
現実問題春日原から大野城と水城を抜いて
大宰府陥落はかなりムリゲーだよな
沿岸で暴れてても援軍が続々やってくるし
かなり厳しい
ビジネスニュース速報がお送りします 2021/11/21(日) 13:40:56.03
事実と異なる風説を流し続ける学者たちの謎

①元寇は武士は何一つできずたまたま台風が来て帰ってくれた
②日本はただ友好に交流したいと言ってきた元に無知で愚かな対応をして戦争になってしまった
③元は全く本気ではなく適当に威力偵察に来ただけ

なんなんだろうねぇ

「日本は外交も知らない田舎の糞ザコで侵略を自分で呼び込んだだけ
悪いのは全部日本
勝てたのはただの偶然
実際は本気でも何でもないのに調子こいてる」

って言いたいらしい
全く事実と違う

日本が実力で理不尽な侵略を撃退したこと意地でも認めないって
学者が狂ったイデオロギーを持ち込んで歴史を語るとか論外だよな

ビジネスニュース速報がお送りします 2021/11/20(土) 08:16:45.68
岸につける小舟をかなり忘れてきて
上陸出来なかったと言う事らしい
ビジネスニュース速報がお送りします 2021/11/19(金) 16:38:58.44
当時は兵站なんて概念なくて遠征軍の食糧は現地で奪えよだったんだから速攻かけて無理なら引くしかないだろ
ビジネスニュース速報がお送りします 2021/11/19(金) 19:12:38.80
元は朝鮮(高麗)を征服するのに侵攻6回、30年以上かけてるしみたいだしヴェトナムは3回も撃退してるし
当時の日本てそんなに強かったのかな
ビジネスニュース速報がお送りします 2021/11/22(月) 19:40:15.57
騎馬民族が大船団率いての海外遠征する事事態がそもそも無理があるって話だろ
タイトルとURLをコピーしました