日本のルーツは諏訪にあり? 「原日本」を求めて諏訪大社の秘密に迫る

スポンサーリンク

神長官守矢史料館の「御頭祭」をイメージした展示
https://www.newsweekjapan.jp/uchimura/7R402324.jpg
守矢家の敷地内にあるミジャグジ社
https://www.newsweekjapan.jp/uchimura/7R402331.jpg

※省略

◆狩猟の神・上社本宮の特異な構造

御柱祭を華とする諏訪信仰は、縄文時代の自然信仰に端を発する。このことは、前々回<第16回 八ヶ岳山麓、諸星大二郎『暗黒神話』の地で縄文と諏訪信仰に触れる>で、八ヶ岳山麓の縄文遺跡を訪ねて強く実感したところだ。果たして、諏訪大社上社本宮の御神体は、境内の背後に広がる守屋山(もりやさん)という「山」である。しかし、天下の諏訪大社の御神体にしては、このあたりからよく見える八ヶ岳や南アルプスと比べても非常に地味な山だ。その守屋山、本宮の裏山のもうひとつ裏にあるので、実は本宮からも参道からもよく見えない。まあしかし、僕が思うに、今の世で守屋山と呼ばれている標高1631mの山だけでなく、本宮とその約1.5km南東にある前宮を繋ぐ守屋山を含む裏山一帯を、御神体と考えて良いのではないだろうか。

※省略

それはそうと、縄文と言えば狩猟文化なわけだが、今も上社には狩猟の神の側面がある。仏教伝来・神仏習合の時代を経て、日本では長く肉食が忌避されてきたが、縄文狩猟文化の流れを汲む諏訪大社では、その間も神事としての狩猟が継続された。当時の一般庶民も全く肉食をしていなかったわけではなく、この諏訪地域のような山の民にとっては、鹿やイノシシ、ウサギ、キジといった野生動物の肉が貴重なタンパク源となってきた。そうした中、仏教的な「建前」と、縄文文化的な実生活をすり合わせる必要があったのだろう。諏訪大社では、「狩猟は獣を救う手段でもある」として、鹿肉を中心とした肉食を許す免罪符、「鹿食免」が頒布されてきた。現在でも手に入り、ベジタリアンではない地元民の僕も時々入手している。今回も、社務所に立ち寄って新しい鹿食免を求めた。

◆日本のルーツは諏訪にあり?

※省略

・守矢家は今から1500年以上前、大和朝廷の力がこの地に及ぶ前(即ち諏訪大社建立前)から、土着部族の長であった。その文化は、守屋山を神の山とする自然信仰に根ざしていた。

・諏訪大社は、『古事記』に伝わる日本神話の神、「タケミナカタ」が、ライバル神であるタケミカヅチとの戦いに敗れて出雲から諏訪の地に逃れ、祀られたのが起源とされる。

・その際、もともと諏訪の地を支配していた守矢家の支配はタケミナカタ(=大和系の中央勢力)に取って代わられたが、共存の道も図られた。即ち、守矢家は滅ぼされることなく、諏訪大社の祭祀の実権を握る神長官職に据えられた。この体制は、明治維新まで脈々と続いた。

・守矢家が守ってきた諏訪大社の祭祀の中心は、前宮で行う「御頭祭(おんとうさい)」であった。春先に、鹿・猪・ウサギ、魚などを供物にして行う祭祀で、主に狩猟の成功を祈って行われた(現在も名称を変えて形式的に受け継がれているが、五穀豊穣祈願に変化している)。

つまり、守矢家とは、縄文的な自然信仰・狩猟文化に根ざした神話時代よりもさらに前の"原日本" を象徴する一族である。諏訪信仰とは、それに取って代わった中央集権下の大和文化と縄文的文化が融合した、原始的な形を残す信仰の形と言えよう。神話時代より前という、とてつもなく古い話なので正直頭がクラクラするが、それだけに、僕は「日本のルーツは諏訪にあり」と高らかに宣言したい。

余談だが、第16回で縄文の巨石信仰にも触れたが、守屋山には今もハイキングコースになっている巨石群がある。僕はまだ行ったことがないが、遠い昔は一つの岩だったという俗説も成立しそうな風景らしい。僕はつい、「巨石に宇宙人がUFOで降り立って、縄文の人々に知恵を授けて・・・」なんていう妄想をしてしまう。なにしろ、守矢家の敷地内には、諏訪信仰以前のミジャグジ社の祠があり、守屋山の方向にはUFOを思わせる藤森照信設計の空中茶室を見ることができるのだ。そんな妄想を膨らさないわけにはいかない光景が、この"日本の中心地"にはあった。(続きはソース)

2020年05月20日(水)12時30分
https://www.newsweekjapan.jp/uchimura/2020/05/post-15.php

以下ネットの反応

ビジネスニュース速報がお送りします 2020/05/24(日) 09:42:47.23
日本の東西に繋がる中央構造線大断層、東から鹿島神宮、香取大社、諏訪大社、豊川稲荷、伊勢神宮、うさ大社
日本を南北に走るフォッサマグナ大断層
その交点にあるのが諏訪湖と諏訪大社
ビジネスニュース速報がお送りします 2020/05/24(日) 03:35:52
また守矢か
ビジネスニュース速報がお送りします 2020/05/24(日) 09:04:08
鹿食免の箸を買ったけど使ってないわ
ビジネスニュース速報がお送りします 2020/05/24(日) 10:11:27
糸魚川をさかのぼっていけば松本や諏訪につく
ビジネスニュース速報がお送りします 2020/05/24(日) 03:25:40
今から6500年前の縄文時代前期の、
「阿久(あきゅう)遺蹟」が原村にある。
「阿久遺蹟」から、大集落や、桁外れの規模の祭祀(さいし)場、
直径120メートル、日本で最も古い環状集石群(ストーン・サークル)、
が見つかって、縄文の時代観をくつがえすものとなった。
そして、国の指定史跡になっている、「阿久遺蹟」には、「方形柱列」があるが、「柱立て祭り」として、「御柱祭」の起源と考えられている。
祖先の霊が「柱」を伝わって降りてくる、「祖霊祭祀」である。
ビジネスニュース速報がお送りします 2020/05/24(日) 08:33:15
諸星大二郎か
ビジネスニュース速報がお送りします 2020/05/24(日) 07:13:04
中国地方は守屋さん という名前の人が
時々いるが なんか関係あるんかな
ビジネスニュース速報がお送りします 2020/05/24(日) 10:13:00
swk is god
ビジネスニュース速報がお送りします 2020/05/24(日) 09:24:08
現在の神宮と大社に意味なし 
全て自称明治天皇の「息が掛かった」ところ

エルサレム 第二と第三に山があるが、第一には丘があっても山無し

ビジネスニュース速報がお送りします 2020/05/24(日) 08:54:53
そもそも肉食しなくなったのって江戸時代の一時期だけだし、その期間ですら地方じゃ普通に食ってたわけで
ビジネスニュース速報がお送りします 2020/05/24(日) 08:12:26
近所の氏神様も〇〇諏訪神社だよ
ビジネスニュース速報がお送りします 2020/05/24(日) 09:12:30
羊でなく、鹿の儀式あるよね?
旧約聖書に出てくるのと同じらしいが
羊でなく鹿なんだね。
ビジネスニュース速報がお送りします 2020/05/24(日) 03:24:55
熊楠という方がおられたのだけれども、明治維新で日本が本来の伝統を失って行く時に
猛抗議をされたのだけれども、ただの狂人として片づけられてね

熊楠の言われた事を理解できたのは、昭和天皇と諏訪神社の神主だけだったと言うからね

ビジネスニュース速報がお送りします 2020/05/24(日) 04:54:07
中央線と中央自動車道が無かったら諏訪なんて秘境中の秘境だよね
ビジネスニュース速報がお送りします 2020/05/24(日) 04:15:19
昔の神主は祭りのたびに毎回殺されたそうだ
一年神主とかいうらしい
平安時代のあたりでヒトじゃなくて鹿になったんだとか
ビジネスニュース速報がお送りします 2020/05/24(日) 04:13:07
出雲と伊勢と諏訪の関係がわからんけどな
ビジネスニュース速報がお送りします 2020/05/24(日) 02:00:33
韓国だろ
ビジネスニュース速報がお送りします 2020/05/24(日) 02:20:24
ちょうど今日諏訪に遊びに行ってきた
ビジネスニュース速報がお送りします 2020/05/24(日) 08:05:10
関連があるとするなら、ユダヤのパクリ元のシュメール神話だろうな
多神教だし
ビジネスニュース速報がお送りします 2020/05/24(日) 07:49:58
諏訪が縄文系狩猟祭神を祀る地で
熊野吉野が早めに寝返って山岳修験を発祥し
仏教を用いて全国狩猟系先住民への皇民化を促したのだね
山岳修験の行動履歴を調べると早くも諏訪で挫折し、
東北は下北まで北上するも山民達には跳ね返されて
早池峰は神楽だけ残し、羽黒、鳥海山が停止線
マタギラインは守られ、マタギの出張、出稼ぎまで求められた始末
九州、四国は焼畑民として武士に寄宿、蚕食されながらも生き残った
ビジネスニュース速報がお送りします 2020/05/24(日) 07:08:05
古代イスラエル人の末裔だからね。

モリヤ山って山がイスラエルの方に
あるらしいね。

ビジネスニュース速報がお送りします 2020/05/24(日) 02:57:12.67
高円の三女が嫁に行った守谷さん
ビジネスニュース速報がお送りします 2020/05/24(日) 04:53:56
海で楽ぅーに貝がとれるのに誰が好き好んで山奥に行くかっての
俺は嫌だな絶対にだ
ビジネスニュース速報がお送りします 2020/05/24(日) 07:49:22
諏訪神は天津神に追われた国津神
諏訪から出ないことを条件に命拾いした
ビジネスニュース速報がお送りします 2020/05/24(日) 07:56:16
諏訪が読めない私は・・・
ビジネスニュース速報がお送りします 2020/05/24(日) 02:03:26
大社せんべいしか印象がない
ビジネスニュース速報がお送りします 2020/05/24(日) 03:45:31
ちなみに奥の奥に鎮座ます御方です。
ビジネスニュース速報がお送りします 2020/05/24(日) 07:45:34
ルーツがある、というより古代から伝統が受け継がれている、という方が正しいのでは
ビジネスニュース速報がお送りします 2020/05/24(日) 09:37:12
やまとことば     -     ヘブライ語

ミカド (帝)     - ミガドル (高貴なお方)
ヌシ  (主)     - ヌシ   (長)
サムライ(サムライ)  - シャムライ(守る者)
ホロブ (滅ぶ)    - ホレブ  (滅ぶ) 
イム  (忌む)    - イム   (ひどい)
ダメ  (駄目)    - タメ   (ダメ・汚れている) 
ハズカシメル(辱める) - ハデカシェム(名を踏みにじる)
ニクム (憎む)    - ニクム  (憎む)  
カバウ (庇う)    - カバア  (隠す)
ユルス (許す)    - ユルス  (取らせる)
コマル (困る)    - コマル  (困る)
スム  (住む)    - スム   (住む)
ツモル (積もる)   - ツモル  (積もる)
コオル (凍る)    - コ-ル  (寒さ、冷たさ) 
スワル (座る)    - スワル  (座る)  
アルク (歩く)    - ハラク  (歩く)
ハカル (測る)    - ハカル  (測る)
トル  (取る)    - トル   (取る)
カク  (書く)    - カク   (書く)
ナマル (訛る)    - ナマル  (訛る)
アキナウ(商う)    - アキナフ (買う) 
アリガトウ(有難う)   - アリ・ガド(私にとって幸福です) 
ヤケド (火傷)    - ヤケド  (火傷) 
ニオイ (匂い)    - ニホヒ  (匂い)
カタ  (肩)     - カタフ  (肩)    
ワラベ (子供)    - ワラッベン(子供)
アタリ (辺り)    - アタリ  (辺り)
オワリ (終わり)   - アハリ  (終わり)
ハナス (話す)    - ダベル  (話す)
ダマル (黙る)    - ダマム  (黙る)
カルイ (軽い)    - カル   (軽い)
ギオン (京都・7月17日の祭) - シオン(聖地エルサレム・7月17日の祭)

タイトルとURLをコピーしました